ペットロスについて

トイプードルの写真

大切な家族の死を受け入れ、向かい合いましょう。

大切な家族の一員だったペットを失った悲しみは深いものでしょう。
愛が深ければ深いほど、亡くしたときの悲しみは大きくなります。その気持ちは一般的に「ペットロス」と言われており、愛する家族を失った人が誰しも経験するものです。
しかし、無理に泣くのをやめようとしないでください。
自分の気持ちに素直になり、泣くときは思いっきり泣くようにしましょう。
自分の心に嘘をつくことは決して良いことではありません。
また、個人差はありますが、少しずつでいいので悲しみと向き合い、乗り越えていきましょう。
ひとつ成長することのできた貴方を見て、ペットも安心して成仏することができます。

ペットロスがどうしても辛いときは、誰かに話をしたり、感情を抑えず泣くだけ泣いてみる、何か記念になることをする、アルバムを見返すなどして楽しかった思い出を振り返るのも良いでしょう。
ペットもあなたとの出会いと別れはしっかりと覚えています。