大切なペットとお別れの際に生じる問題の対処方法は?

猫の写真

長い間、家族の一員として側に居てくれたペットが亡くなったとき、悲しい気持ちでいっぱいになるかと思います。
しかし、同時にしっかりとお別れを告げる必要もあると考えます。ここでは、そんなときの対処方法をご紹介します。いざというときのために、人間同様、通夜や葬儀の準備の流れのご紹介です。

何か様子がおかしいと感じたら対処する。

病気や事故、老化など、お別れとなる原因は様々あります。ペットは何かしらサインを出していることもあります。万が一のときをそなえて、あらかじめ準備をしてあげましょう。

お別れのときが来たとき。

大変残念なことですが、生きている以上、必ずお別れのときは来ます。
ご自宅、動物病院、それ以外といったように場所は様々です。それぞれの場所で対処しましょう。
ペットとお別れとなった際は、しっかり手を合わせ、感謝の気持ちを込めましょう。
また、優しく体全体を撫でてあげましょう。

ペットとのお別れ(亡くなった直後)

家族同然のペットとの別れは悲しみが深い故に、落ち着いた対処ができないことかと思います。
悲しみがわいてくるのは当然のことですが、死を受け入れることでペットも安心してお別れをすることができます。
ただ、後悔の念はペットにもしっかり伝わりますので、成仏の妨げとならないように、しっかりと通夜を過ごしましょう。

ペットのご遺体のお世話をしましょう。

ご遺体のお世話は飼い主にとって最後の御世話になります。
安置処置をするために保冷材やドライアイス、氷などを保冷しましょう。また、ご遺体は早急にいつもの寝姿に変えてあげましょう。
硬直がはじまるまでに行うのがポイントです。

葬儀を行いましょう。

ペットの葬儀には土葬、火葬、自治体への依頼など様々な方法があります。
私たちは天への成仏をさせるべく、火葬という方法をとらせていただいております。
葬儀の日程などの取り決めなど詳しい話をさせていただきます。